「建売住宅だからリフォーム時期が早い」は嘘?

「建売住宅だからリフォーム時期が早い」とは、多少偏見が入っていると言えるでしょう。だって、注文住宅で建てた家でも、住宅が築10年にもなれば、リフォーム箇所は出てきますからね。外壁にしても屋根にしても、とくに住宅の外側部分はリフォームの必要性を感じるものです。

たとえば、住宅の外側部分に関してですが、外壁と窓枠をつなぐゴムの部分にひび割れだって出てきますからね。注文住宅だって建売住宅だってそうですよ。住宅は築10年もすればどこかしら劣化箇所が目についてきてしまうものです。

それに壁紙にしましても、建売住宅だからというわけではなく、新築木造住宅の場合は、築1年目にはひび割れや破れだって出てきたりするものです。それは木材が水をすって変化を起こすからです。木材の変化に引っ張られて壁紙に破れやひびが出てきたりしますからね。注文住宅でマイホームを建てた人のお宅にしても。

ですから、「建売住宅だからリフォーム時期が早い」というわけではありませんから。そして、建売住宅のなかでも丁寧な仕事で建てられた住宅もありますから。

 

<PR>初値予想|健康マニアによる無病ライフ|お小遣いNET|心の童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|貯蓄|JALカード|お家の見直ししま専科|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|GetMoney|アフィリエイト相互リンク|生命保険の選び方|家計見直しクラブ|住宅リフォーム総合情報|