賃貸でなく一戸建てがあることに感謝の50代

年齢が上がると、賃貸物件をスムーズに借りられなくなると聞きました。ですから、うちの両親が50代になってコンパクトな新築一戸建て住宅を広島に建てたのも、良い選択だったんだなーと、今になってみて思いますね。

還暦を目前にして、「家を建てる」と聞いた時は、ストレートに「え!もったいないでしょ!」ぐらいのことを思ったのですが。しかし、定年退職後は社宅に住めなくなりますから、もう転勤はないだろうと思われる定年前のここらで一戸建て住宅を建てるという選択肢は悪いものではないのですよね。

さて、話は戻って「年をとると賃貸物件をスムーズに借りられなくなる」という件ですが、実際に被害にあっている人もいますからね。例えば私の職場の上司(還暦手前)ですが、今になって借家を追い出されそうだからです。なんでも、その借家の持ち主の大家さんが、もうその借家を処分したいということで。更地にして土地を売ってしまいたいそうなのです。

それで、賃貸物件を見て回っているのですが、若い時ほどにスムーズに自分が契約できないのだとか。いい物件は、若い世代に優先されている感も受けるそうで、「家を建てておけばよかった」という意見を言っています。ですからうちの両親の決断もあながち間違いではないのかも知れないと思うわけです。