建売住宅の購入で、のびのびと子育て中

私たち家族が家を購入したタイミングは、夫の転勤に合わせてでした。本来は賃貸アパートに住む予定でしたが、子どもが生まれ、家の購入も検討し始めました。夫の職場である市の隣には、新興住宅地としてどんどん人口が増えている町があります。その町ではモデルハウスをガンガン建てて売りに出しており、また中古物件もたくさんあったので、何軒か見て回りました。

すると、賃貸の家賃を払うのと、購入した家のローンを払うのと、月々の金額がさほど変わらないということに気が付きました。

見学してみると、やはり中古物件より新築の方が何倍も素敵です。家の匂いが違います。少々高くても、やっぱり新築の方がいい、と私と夫の共通した意見でした。

私たち家族が選んだのは、平屋の小さな一軒家でした。価格は、中古物件の2階建ての家とそんなに変わりませんでした。部屋数は少ないですが天井は高く、リビングが広く見えるので気に入っています。子どももまだ小さく、夫も私も大部分の時間をリビングで過ごすので、他の部屋は寝室以外ほとんど使っていません。娘はリビングで走り回ったり、ボールやフラフープで遊んでいますが、アパートと違って近所迷惑を考えなくていいので叱る必要もなく、建売住宅を購入したおかげで親子ともにのびのびと生活しています。