裏山がない土地が良い

幼少期は広島の田舎町の建売住宅に住んでいました。田舎に行くと、山の風景が目に飛び込みます。その風景は、とても懐かしくいい思い出として残っています。しかしその山の近くに家があるのは、とても不便と思った事でした。暮らしていると、とても気持ちよく暮らすことができるのですが、ふとした時に不便さを感じることが多かったです。実家は山の近くにありました。その時、私の通う学校がかなり遠くになっていたので、通学するのに困ったのです。子供ながらに、学校の近くに家が欲しいと思った事でした。
そのため、子供のことを考えるとやっぱり通学に便利なところに家を作ることがとてもいいですね。すると、通学で疲れることがないし、安全と思うことができます。長い距離だと、それだけリスクも伴うと思った事でした。
また山が裏にあると、地震のときは大変です。それはなんといっても、崩れてしまうのではないかということを心配する必要があるからです。今の家は、街中にあるのでそんな心配がない分、安心しています。